読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S2使用構築 超火力でサイクル崩壊で起点作り

初投稿になります。カーズーという者です。シーズン2お疲れ様でした。

 

今シーズンは2000に到達出来ず(最高1968)残念な結果になりました…ただ、とある人物から1900帯での戦い方の記事を投稿して欲しいという要望があったため、今シーズンの構築記事を書く事にしました。

f:id:Kazuyoko0310:20170324015056j:image

パテはこんな感じです。このパーティのコンセプトは、高火力を押し付けて、相手のサイクルを崩壊させて、強引に起点を作ること、要するにヤケモンのような超火力を押し付けて、相手に隙を作り、こっちの起点にしていくことです。

型紹介

カプレヒレ  @こだわり眼鏡     控えめ

175-×-135-161-150-108

 236-0-0-252-0-20

ハイドロポンプ、波乗り、れいとうビームムーンフォース

H 16n-1調整

C 火力を求めてぶっぱ

S 同速意識の抜き抜き抜き

本来は火力がないと思われがちでドラゴン系ですら居座られることのあるレヒレですが、圧倒的な高火力で相手のパーティの崩壊をさせます。主に先発で、起点阻止、サイクル崩壊を狙います。

火力が非常に高く、ハインプでHDカバを確1取れる強さ、H振りポリ2を中乱数2にする強さ(ステロを撒けば、ポリ2の受け出しを許さない状態にできる)を持ってますwホントにえぐい火力です。

因みにテテフとの殴り合いにも勝てますよ

基本的な使い方としては、水+フェアリーというとても広い技範囲を利用して、相手が裏から受け出しとして出すポケモンに超火力を押し付けて受け回すサイクルを崩すことです。

また、フシギバナ交代読みで冷Bを撃てば、HP振りバナを1発目で7.5割、メガ後の2発目で3割程入れる火力があるため、フシギバナを倒すことも出来ます…強い…

また、素の耐久が高いため、コケコやレボルトの10万を耐えて高火力をお返しするという芸当も可能です。ホントに恐ろしい強さ

 ただ、いくら高耐久とはいえ、努力値を火力に回している分、積まれたポケモンを止めに行くのは難しい…まぁ、ガブの剣舞地震を10%の乱数に抑えられるので、充分な硬さだとは思う

 ただ、意地メガマンダの1舞捨て身は耐えないので、マンダは対面で処理することを意識しないと負けます。

 

ナットレイ  @こだわり鉢巻   勇敢

181-160-152-×-136-22

252-252-4-0-0-0

ステルスロック、じならし、タネマシンガン、ジャイロボール

ただの鉢巻HAナットレイ

誰もが認めるジャイロボールの圧倒的な火力。

ただ、じならしという技が強いと感じて採用してみた。

じならしはナットレイの苦手な炎タイプに刺さる点が非常に良いと言える

バシャーモを例にあげると…

交代読み地ならし→バシャはSダウンによりナットレイを倒した後、Sが無補正状態で後続と戦わなければならない為、守るを挟みたくなる→強引に有利なギャラやマンダを差し込み起点に出来る

 

また、対ドランのサイクルでは…

1サイクル目でステルスロックを撒く→2サイクル目で、ステロダメ+地ならしで確定落ち(ステロ無しだと40%程の乱数)

これによって、ヒードランすら役割対象にできる強さw

 

また、鋼タイプへの打点としても強く、対ルカリオの場合、地ならしでSが落ちる→ナットレイが引くor倒される→裏から出てくるポケモンに対して素早さでルカリオは負けてしまうため、先制技を撃ちたくなる状況になるため、裏のポケモンが食らうダメージを最小限のダメージに抑えることが出来る

 

地ならしという技は使えば使うほど良さを感じられる素晴らしい技w

 

 

ギャラドス  @メガ石   陽気

191-157-99-×-120-146

191-187-129-×-150-146

164-92-0-0-0-252

滝上り、氷の牙、噛み砕く、竜の舞

H 16n-1調整

S 最速80族意識の最速

A あまり

ナットレイとレヒレで起点を作った後に全抜きを狙うという点で、技範囲、攻撃力、耐久力の優れたメガギャラドスを採用。

素早さも80抜きが絶妙で、特性の実質的耐久も高く、ほんとに強いポケモン

 そして、やっぱり型破りが優秀。ミミッキュ殺し性能は良いですねwマルスカイリューにも弱保警戒しなくて済むのも強い

 

 

ウルガモス  @オボンのみ     図太い

191-×-122-156-129-124

244-0-204-4-28-28

 鬼火、はね休め、蝶の舞、大文字

H 16n-1調整

HD C特化テテフのサイキネ耐えてオボン発動→蝶の舞でD上げて、サイキネ耐え→更に舞ってスカテテの上を取る→はね休めで耐久して体力を温存しつつ大文字で倒しに行く

S 最速60抜き調整

B あまり 

C あまり

ガモスに出される物理アタッカーに強いガモスとして、鬼羽ウルガモスを育成してみた。物理アタッカーだろうが特殊アタッカーだろうが耐久して強引に舞えるのが強い点。

ワンウェポンなのが難点…

そして、大文字の相変わらずの命中率w火炎放射の方がいいかも?

育成としてのイメージはORASで流行った鬼火ゴツメアローみたいな印象。

とても使いやすい。シーズン3から流行るであろう、クチートの機能停止もできるのが良い点。

また、クレセが少し重いパテなのでパテにいるだけでクレセの選出誘導ができるのもgood!

さらに、テテフはガモスの起点にされることが多くそれを嫌った眼鏡テテフも一定数いるけどこのガモスは、C特化眼鏡サイキネを乱数6.3%に抑えられる耐久がある為、眼鏡テテフの前でも強引に舞えます!

シーズン3も愛用していく予定。

 

 

ボーマンダ  @メガ石   陽気

195-157-101-×-122-149

195-167-151-×-132-171

196-12-4-0-172-124

すてみタックル地震、はね休め、竜の舞

HB 陽気ガブの逆鱗耐え

HD C特化テテフのムンフォ耐え

S最速ガブ抜き抜き

Aあまり

 

シーズン序盤は慎重HDマンダを使ってたけど、素早さが足りずスカーフもちに非常に不利なのが辛かった為ネットで良い育成論を探したところ、この育成論が良いと感じ、そのまま使ってみた。耐久性も申し分なく、素早さ方面も、裏からスカーフ持ちが来ても、慎重HDなら抜けない相手を余裕で抜きさることが出来るため、非常に良い。1舞するだけでも火力としては、ガブリアスを75%の乱数で飛ばせる良い火力。

耐久もあり、素早さもあり、個人的にはとても素晴らしい調整のボーマンダだと思う。 

 

 

カプコケコ  @飛行z     陽気

145-167-106-×-95-200

0-252-4-0-0-252

ASぶっぱ

ワイルドボルトしぜんのいかり、とんぼ返り、ブレイブバード

 

選出次第で重くなるフシギバナや、受けル対策に採用。相手の意表をついて、倒しにくい相手を強引に倒しに行くために採用。

基本的な役割は見せポケ。

刺さる相手には刺さるが、選出率は低い。

 

 

 

基本選出 

レヒレ+ナット+α

レヒレとナットで有利対面を作りつつ高火力を押し付けて、相手が受け回せなくなることで出来る隙を見極めて裏のエースで全抜きを狙う。

レヒレとナットの火力が高すぎてエースに繋げる必要がないこともしばしばw

また、この2体の相性補完性能は素晴らしいので、有利対面を作ってから超火力を押し付けて相手のサイクルを崩壊させることが出来る

お互いの弱点を全て補える点は非常に優秀なペアだと思う。型を変えたとしても、この2体のコンボは生きると思う。

 

 

このパテの問題点

このパテにおける問題点は、岩封ゲッコウガに非常に弱いこと…ナットレイ以外有利と言える対面をつくるのが難しいので、処理が非常に大変

 

また、レヒレの器用さから大概のポケモンをレヒレでみようとして過労死させてしまい詰むことがある…これは自分のプレイングに問題がある

そして、コケコの選出率が圧倒的に低く、それならレボルトを採用した方が使い勝手が良くて良かったと後悔してるw

 

今回使ったコンセプトのパーティはまだまだ可能性を感じるため、今後もキャラを変えつつこのコンセプトでレートに挑戦したい。